こんなはずじゃなかった!転職失敗エピソード | 転職成功させ隊
転職成功させ隊
2016年11月10日

こんなはずじゃなかった!転職失敗エピソード

転職に成功する人がいる影で、失敗してしまう人もいます。転職に失敗しないためには転職先企業についてしっかりリサーチしましょう。
編集部

将来に不安を感じ、新たな職場へ転職したいと考えている方も今現在いるかもしれませんが、転職がいつも成功するとは限りません。実際、転職したものの「失敗だった・・・」と頭を悩ませている方もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは実際にあった転職失敗談をいくつかご紹介していきたいと思います。

会社都合で不安な日々に

憧れの大企業に転職し、これで将来の不安はなくなった、と思っていた矢先に余所の企業と吸収合併してしまった、という経験をされた方もいます。これではせっかく大企業に転職が成功しても、前職よりも更に不安な日々を送ることになってしまいますよね。しかし、こうしたことは実際起こりえるのです。

募集要項と違う

これもよくあることです。求人募集要項には魅力的な給与額が掲載されていたのに、実際には違っていた、また経験が足りないからと給与をダウンさせられた、というのは往々にしてよくある話です。こうしたことにならないよう、面接の時にはある程度給与についても確認をした方が良いかもしれません。

天国から地獄

ライバル企業から要職へのポストを用意されヘッドハンティング、結果転職したが、その後業績が著しく低下してしまった、というのもよく聞く話です。こうなってしまうと元の会社に戻ることもできませんから正に天国から地獄と言えます。魅力的な話に舞い上がってしまうことはありますが、しっかりと企業のリサーチもしてみましょう。

これも比較的よくある話ではないでしょうか。年功序列が嫌だったからと新興勢力のIT企業に転職したものの、今度は若者の会話についていけない、雰囲気が合わない、というのはよくあることです。毎日訪れることになる職場ですから、雰囲気が合ってるかどうかは重要な要素です。

同じだと思ってたら違った

同じ営業職だと思って転職したら、前職よりも更にきついノルマを与えられ毎日プレッシャーの中仕事する羽目になってしまった、ということもあります。いくら同じ職種とはいえ、企業によってノルマや求められるスキルは異なることが普通です。

転職にはリスクもある

転職した人がみな成功する、なんてことはまずありません。転職に成功する人がいる影で、転職に失敗して泣いている方もいます。転職したら何とかなる、と安易な考えで転職するのでなく、しっかりと転職先企業についてリサーチすることで少しでもリスクを軽減することが可能となるでしょう。

Return Top