「第二新卒」とはどういうもの?普通の転職求人よりも有利になのか。 | 転職成功させ隊
転職成功させ隊
2016年11月25日

「第二新卒」とはどういうもの?普通の転職求人よりも有利になのか。

第二新卒とは、新卒で就職した後に数年で退職をして転職活動をすることです。25歳前後と若いため企業側から需要があります。
編集部

第二新卒という言葉をよく耳にするようになりました。転職活動においては、第二新卒が有利の方が有利になるという話を聞いたことがある方もいるでしょう。実際に第二新卒は転職時にどのような評価を受けるのでしょうか。また、そもそも第二新卒とはどういったものなのでしょうか。これらの疑問について分かりやすく説明しましょう。

第二新卒とは

まず、新卒というのは、大学を卒業してすぐに就職することを前提として就職活動をしている求職者のことです。一方、第二新卒とは、一度就職をした後に数年で会社を辞めて、あらためて転職活動をしている若手求職者のことです。
特に重要なのはまだ若いということであり、通常は25歳前後であることが多いです。このぐらいの年齢であれば、新卒の方とほとんど歳の差がないため、企業側が新卒と同等の扱いをすることがあります。

第二新卒が増えた原因

そもそも、どうして第二新卒の数が増えているのでしょうか。その原因は離職率の増加です。新卒で就職をした人の中で約3割が3年以内に会社を辞めています。これにはさまざまな理由があり、自分の希望とミスマッチした企業に就職したり、自分の能力や適正と合わない企業に入ってしまったなどがあります。
若い離職者が増えているため、企業側がそれに注目をして、第二新卒として採用を進めるようになったのです。

企業が第二新卒を求める理由

どうして企業は第二新卒を求めるのでしょうか。まず、基本的にどの業界でも人手不足が進んでいます。そのため、中途採用によって転職希望者を採用することがよくありました。しかし、転職希望者よりも、社会経験は少ないですが若くて将来性があり、柔軟性に優れている第二新卒者の方が企業側には都合が良いのです。一から教育することができるため、企業風土に馴染みやすく、企業のニーズにマッチした人材に育て上げることができます。
このような理由により、現在第二新卒の採用を積極的に行っている企業は増えているのです。

転職求人よりも有利なのか

ただし、必ずしもすべての企業が第二新卒を積極的に採用しているわけではありません。中には、従来のように転職希望者の方を優先している企業もあります。
注意点としては、第二新卒によって希望する企業に入社できる可能性はありますが、身長になることが大事です。結局、以前の職場の方が良かったと感じている人もいます。本当に第二新卒として転職活動をするべきなのかよく考えておきましょう。

Return Top