こっそり転職活動。在籍中にばれないように活動する5つのポイント | 転職成功させ隊
転職成功させ隊
2016年9月26日

こっそり転職活動。在籍中にばれないように活動する5つのポイント

転職をするときは「職場にばれない」ように5つのチェックポイントを気をつけて早めに準備を進めるようにしましょう。
編集部

転職するとき、職場でばれない方法の1つめのポイントは「余計に職場に気を使う」など急に態度を変えてしまうことです。普段と違うことが目立ってしまうと、当然ながら何か理由があると思われます。余計なことをせず、平静を装うようにしてください。何か気にされても、「特になにもない」と続けることです。

転職支援サイトを使うと便利

転職をしようと思えば、2つめのポイントとしては「転職支援サイト」を活用することです。面接の時間や仕事との調整も転職支援サイトのキャリアコンサルタントがある程度、調整してくれます。このあたりはかなり柔軟に対応してくれるので、安心して仕事の予定を進めることが出来ます。

無理な嘘をつかない

転職の準備が職場にばれない3つ目のポイントは「無理な嘘」をつかないようにすることです。意外とこの嘘によって、職場でばれてしまい、余計なトラブルになってしまうことがあります。自然な方法で時間を作るようにしておくことで、退職するときも、誰にも余計な疑念を抱かれないので安心です。このあたりの準備は、あらかじめ、しっかりと決めておけば、トラブルを回避することができます。

味方がいれば理解をもらう

職場にばれない方法は「職場に味方がいれば相談する」ことです。全員に打ち明けないと、自分も心理的に大きなプレッシャーを受けてしまうことになります。そのため、もし打ち明けても問題ない同僚や上司がいるなら、早めに相談しておくことです。実際に評判の悪い会社であれば、そのような対応が可能なので、早めに一度、相談してしまうことも、一つの方法です。きっちりと「こういう理由で退職をしたい」という方針を立てておけば、それをフルに活用することができます。

面接のための準備をしておく

仕事が完了して、そのまま面接にいけるようにする、など時間調整の方法や服装なども事前に用意しておくことが肝心です。そうすれば、意外とスマートに転職を進めることができます。この準備があいまいだと、当然ながら無理に仕事を抜け出すようなことになってしまい、職場で見られることが多くなってしまいます。また、時間のことで職場のトラブルになってしまうと、余計に疑われるきっかけになってしまうので、出来る限り早めに負担が発生しないように進めておくようにすることが肝心です。仕事では余計に気を使わないように、スーツでない職場であればあらかじめバックに用意しておくなどが大切です。

Return Top