面接の効果的な方法。どうやって自分をアピールすれば良いのか? | 転職成功させ隊
転職成功させ隊
2017年2月14日

面接の効果的な方法。どうやって自分をアピールすれば良いのか?

面接では自分をアピールする機会は、採用の可否につながってきます。効果的な方法として、事前に前向きな受け答えを考えておくなど対策しましょう。
編集部

面接といえば就職・転職において通過しなければいけないポイントの一つといえます。でも面接でどうアピールすればよいのかわからないという方もいることでしょう。そこで効果的なアピールの仕方についてご紹介しましょう。

面接に求められるアピールとは?

面接では一体どのようなアピールが求められているのでしょうか。そこで面接がどのようなアピールを求めているのか突き詰めてみるとこの一点に集約することができます。それこそ、その会社にとって自分がどう会社に貢献できるかです。

面接でも緊張せずアピールできるかがカギ

面接で万全の準備をしても失敗してしまう理由の一つに、緊張してしまって思っていたことの半分も話せないことがあるためです。これではせっかく自分のことをアピールするだけの内容を考えてきても、本番でそれを伝えることができなければ意味はありません。しかし、そうはいっても。緊張なく面接をこなすのはなかなかうまくはいかないものです。そこで、他の採用試験の面接に出てみるなど、実践で訓練して鳴らすことが最も有効です。

面接で何をアピールすればよいのか分からないと困っている人は意外と多いことでしょう。だからといってその人のことを知らない赤の他人からすれば、何をアピールすればよいのかなんて見当もつかないと思われるでしょう。でも、あるポイントを押さえておけば、アピールできる部分を考えやすくなるといえます。

アピールは前もって十全に考えておく

面接でいちばんしてはいけないのは、その場でアドリブ的にアピールを考えることです。これは対論とは違って面接官がその人のあらさがしを行ったり、反論の余地のある部分を潰そうとするため、中途半端な内容では逆にマイナスの印象を与えかねないことが挙げられます。そのため、前もって質問される内容や反論のありえる自己アピールを吟味して、当日スラスラ出てくるようにしておきましょう。

ありきたりなものはマイナスとなりうる

面接の受け答えでセオリーとなっているように、ありきたりな好印象を与えるためだけの中身のない回答はあまりよくありません。とりあえず、良いことを言っておけばプラスにとってくれると考えているのであれば、自己アピールも同じでそれは間違いだと思ってください。意外と、これを知らないうちにやっていて落とされているなんてこともあるかもしれません。

自分にしかできないアピールポイント

他の競争相手に差をつけるためには、自分にしかできなさそうな内容をしっかりと用意しておくことです。アピールポイントを自分の欠点を含めてプラスにできるようにつなげられれば、ただ耳触りの良いことを羅列するだけにはならず、面接官の印象をよくすることができるかもしれません。

Return Top